今更SQ7月号感想

ほんっとに今更ですね。先日やっと本誌読みました!!そして来月はあしせん体調不良で休載みたいですね。あしせん……毎回思うけど無理しないでくれ……。( ;∀;)

さて今月号ですが、ほんの一コマでしたが将棋してる最推しがいたー!!久々ーーーーーー!!!!!!ありがとうーーーーーーー!!!!!!(^○^)最近は隠岐くんとか水上が出張っててイコさんあんまり出てなかったから、一コマでも嬉しいです!!!!!!

ところで今回のメインは水上敏志のやり方に賛成か否かって話だったと思うんだけど、正直私はあのチームにいたら怒っていると思います。(多分自分は感情的には今ちゃんに近い)でも、自分が採点する側だったら評価していた気もします。もう少し立ち回り上手くやってたら確かによかったんだけど、立ち回りまで上手くやっていたら私は水上敏志を18歳だと認められなくなっていたかもしれません。現に荒船哲次に対しては18歳の皮被った28歳(これでも大分若く見積もってる)くらいだと思っていますからね、ええ。

ここからは完全に私の私情の話なんだけど、一時期私はイコさんにハマっていなかったら水上にハマっていたかもしれないとどこかでちらっと漏らしたことがあるんですよ。でもこれに関してはやっぱり違うかもな~って思えてはきています。嫌いになったとかではなく、恋愛対象には見れなかったという意味で。私の場合、推しが恋愛対象ではないなんてことはよくあることで、例えばてつじなんかは推しだけど夢視点では見れないキャラだったりします。イコさんもあんまり恋愛しているイメージないけど、それでも私が片想いしている分にはイメージできるんです。あくまで勝手な片想いですけど。水上はすきだけど、てつじとはまた別のベクトルの推しなんだなって今回思いました。あと、もう少し器用な男だと思っていたけど、配慮という点ではまだまだ男子高校生だったんだなと。

今回の話で太一とカゲのやり取りがあったけど、このやり取りでカゲがまた少しすきになりました。何て言うか、裏表がない子には本当に優しいなカゲは……。あとは鋼くんもくるせんも太一が一生懸命やってることは認めていると思うんだけど、太一は思っていた以上に自己肯定感低そうなのが意外でした。自分で「アホなんで寝ればすぐ忘れる」って言っていたけれど、本当のアホは自分の評価なんて気にしないだろうし、悩まないんだよね……。だから太一は別にアホじゃないんじゃないかと。

今月は引っ越しがあって感想文遅れました。スプリガンアニメ全話観たのでこっちの話も後日したいと思います。(^○^)放置期間長かったけど、また気が向いた時に覗いてやってくださいませ。